【ステップ5】 25年後の絵を描く

25年ライフプランは、うまく作成出来ましたでしょうか?

結構、枠内におさまりきれないくらい書いた方もいらっしゃれば、
かなり空白が多い状態になられた方もいらっしゃるかも知れませんね。

どんな形になっても結構です。

ライフプランはいつも変わっていくものです。
1年1年毎に前回作ったライフプランを見直しながら人生を歩んでいくことが重要だと考えます。


それでは、今回のテーマ「25年後の絵を描く」に入っていきたいと思います。

前回までに作成したライフプランは、あくまでも文字で表現しただけです。
もちろん作成するときには、
みなさんしっかりイメージを膨らませながら進めていったことだと思います。
手順でもそのようになっていましたしね。

そのワクワクとしたイメージがいつでも甦ってくるように、
ライフプランで作成した達成する目標を「25年後の絵」として表現してみて下さい。

目標をありありと鮮明に映像化できるほどに、情熱とやる気は高まります。

また、目標をリアルにイメージできるようになれば、
「目標達成のための行動」も具体的に見えてきます。


例えば、夕飯は何にしようかという状態でスーパーに買い物に行っても、
結構ウロウロするはめになってしまいます。

ところが、
「今日は寒くなってきたので、体が温まるシチューにしよう」
「野菜もいろいろ入れて栄養満点なクリームシチューにしよう!」

「そして旦那とちょっとおしゃれにフランスパンとワインでレストラン気分を味わってみよう」
とイメージが鮮明になってくれば、何を買えばいいか、わかってきます。

そうなると、スーパーの中をテキパキと移動しながら、買い物をすることができます。

映像化された情報は、私達の潜在意識に強く働きかける効果があります。

そうです!潜在意識に落とし込まれた目標や夢は実現しやすくなるということを意味します。
また、それを五感(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚)でイメージできるとさらに効果的です。

こういった夢や目標をビジュアル化する効果的な方法の1つに「宝地図」という方法があります。
宝地図の作り方は、望月俊孝さんの次の本に、とても分かりやすく紹介されています。
「夢を実現する宝地図」
ご参考に・・・


是非、ワクワクとした「25年後の絵」を描いてみて下さい。