NLPとは?

NLPとはNeuro-Linguistic Programming(ニューロ・リングウィスティック・プログラミング)の頭文字をとったもので、1970年代にアメリカ・カリフォルニアで生まれた言語学と心理学等を組み合わせた実用的なコミュニケーション心理学です。

日本語では、「神経言語プログラミング」と言われています。

【N】は「ニューロ(Neuro)」、神経を意味し、わかりやすくとらえるならば、「五感」を言えます。

【L】は、「リングウィスティック(Linguistic)」、つまり「言葉」を指します。

【P】は、「プログラミング(Programming)」を意味します。

NLPは、五感や言葉が、人のプログラム(パターン)を作ったり、行動させてたりしていると考えるものです。

NLPの創始者である数学者のリチャード・バンドラーと言語学者のジョングリンダーが当時、天才セラピストとして非常に有名だった3人(フリッツ・パールズ、ミルトン・エリクソン、バージニア・サティア)の優秀性やコミュニケーションパターンを徹底的に分析・研究し、その優れた部分を土台に確立した心理学がNLPです。

NLP発祥の地アメリカでは、「脳の取扱説明書」とも言われています。

NLPは誕生後、その効果の高さと即効性で評判になり、瞬く間に多くのセラピストやカウンセラーに広がっていきました。

そして、常日頃つかうコミュニケーションにも活かすことが出来ることがわかり、現在では、さらに多くの分野に広がり、医師・弁護士・ビジネスパーソン・スポーツ選手・教師、家族とのコミュニケーションなどに幅広く活用されています。