■自己発見

自分自身をうまく活用するには・・・

みなさん、デジカメ・・・ご存知ですよね。写真を撮る、あのデジカメです。


携帯のカメラでも良いのですが、デジカメにはさまざまな機能がついていますよね。


例えば、画質(解像度)を変えたり、感度を変えたり、
被写体や状況に合わせて設定を変えていくことが出来たりしますよね。


最近では、デジカメで動画も撮れるんですよね。


デジカメで動画で撮って、その動画と静止画を合成して、
もし静止画がパリのエッフェル塔であれば、あたかもパリのエッフェル塔に
いるかのような動画を作成できるとか、本当にさまざまな機能がデジカメには
ついています。


そして、そのデジカメにもともと備わっている機能を100%使いこなせる人って
かなり少ないのではないでしょうか?



デジカメに関わらず、いろんな電気製品についても同じではないでしょうか?


パソコンやパソコンのソフト(ワードやエクセルなど)、携帯電話、電子レンジ
ハードディスクレコーダーなどなど。


もともと備わっている機能を100%使いこなせている人は、本当に限られた
人になるのではないでしょうか。



そこで、こんな問いかけををみなさんにしていきたいと思います。



「デジカメに本来備わっている機能を100%使いこなせるようになるためには
 どうしますか?」


とても大事な問いかけですので、ちょっと考えてみてください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



考えてみましたか?



この問いかけについてもいろんな意見があると思います。


この問いかけをすると良くあがってくる意見としては・・・


「取扱説明書を読む」という方がいらっしゃいますね。

そして、他には「人に聞く」という方もいらっしゃいますね。

中には「とりあえず、いろいろとボタンを押しながらやってみる」という方もいらっしゃいますね。


他にもさまざまな意見があるかも知れませんが、代表的な意見としては
この3つになります。


「取り扱い説明書を読む」「人に聞く」「いろいろとやってみる」ということですが

この3つの意見の共通要素は何かというと、どれもデジカメのことを知るという
行動をしているわけですよね。



デジカメの本来備わっている機能を100%使いこなすには、まずデジカメという
ものを知るということを自然とするわけです。



デジカメというものを知ることによって、初めてそれらの機能を使いこなすことができる
わけです。


そして、知れば知るほど、それはうまく活用できて、綺麗な写真や「記念を
鮮やかに残すことができるわけですね。


そして、それは自分だけではなく、友達の記念すべき日に、デジカメのさまざまな
機能を使いこなすことによって、ベストショットで、その記念日の喜びや楽しさなど
の感情をうまく表現した写真を撮ることができます。


そして、そんな素敵な写真を撮り、それをその友達に渡すことで、友達も
ものすごくうれしい気持ちになると思います。だって、その友達の人生の記念をすばらしい
カタチで残したものを最高のカタチでプレゼントしてもらえたわけですからね。



デジカメという機能を100%活用していくことで、自分自身だけではなく
人や社会に貢献できることにもつながるということも可能になります。



そこで、みなさんに2つ目の問いかけをしたいと思います。


2つ目の問いかけは

「もし、自分自身を100%、いや120%、200%、300%活用できるように
なるためには、どうしますか?」


言い換えれば、「本来持っている自分の能力(潜在能力)を自由に発揮できるように
なるためには、どうしますか?」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もうお分かりですよね。


そうです。デジカメが本来持っている機能を100%活用するためには
まずデジカメのことを知るように、自分自身をうまく活用するには、まず人間という
ものを知る。そして、自分のことを知ることです。



人間というものの原理原則。

だれでも共通して言えるもの。

例えば、

人は、どうすれば、コミュニケーション能力を発揮できるのか?

人は、どうすれば、人間関係を良くできるのか?

人は、どうすれば、仕事で成果を上げられるのか?

人は、どうすれば、やる気を高められるのか?

人は、どうすれば、夢ややりたいことを実現できるのか?

人は、どうすれば、いろんな人と交流が増やせるのか?

人は、どうすれば、自分自身を変えることができるのか?

人は、どうすれば、自信を高めることができるのか?

などなどです。


これらには、すべて原理原則があります。


人であれば、共通した概念が存在します。


それをまずは、知る必要があります。



そして、人には個性があります。

人の原理原則に基づいて、その上に個性を持っています。


人の原理原則を理解した上で、自分の個性に合わせて、
「自分はだったら、どうすれば、●●をできるようになるのか?」


を知る必要があります。




自分を磨く、自己成長するには

まず、人間というものを知る。



そして、自分自身を知るということから始まります。



みなさんは、どのくらい人間というものを知っていますか?


どのくらい自分自身のことを知っていますか?



そこの鍵があります!


価値観の多様化

最近、人々の価値観が多様化してきたという話をよく耳にします。

価値観が多様化してきたために

・物が爆発的になかなか売れなくなった
・コミュニケーションがうまくいきにくい
・会社での社員の定着率が悪くなった
・モチベーションを上げにくくなった
・自分自身が良くわからなくなった
・世の中の何が正しいのかが良く分からなくなった

などなどたくさんの意見がいわれています。

まさにその通りだと言えます。

しかし、価値観が多様化してきたといいながらも、
自分自身の価値観や相手の価値観をわかっている人は、
ほとんどいないのではないかと思います。

自分の価値観は何なのか?

関わる人の価値観は何なのか?

それを分からずに自分とうまく付き合っていく、生きていく
周りの人とうまく付き合っていく、生きていく

ということは難しい時代になってきたということではないかと思います。

みなさん、まずは自分の価値観が何か分かりますか?

価値観とは、自分が大事にしていること。
それが意識的なものも無意識的に思っていることも含めて。(ほとんどが無意識的でしょうが・・・)

ようは、大事にしていることなので、価値観が満たされると充実感やモチベーションが高まります。

逆に価値観を損なうとイライラしたら、モチベーションが下がります。

価値観が分かれば、充実した人生を歩めるということですね。

では、価値観はどうやって見つければ良いのかと良く言われます。

実は答えは、既に言っています。
先ほど価値観は、大事にしていることなので、
価値観が満たされると充実感やモチベーションが高まります。

逆に価値観を損なうとイライラしたら、モチベーションが下がります。

とお伝えしました。

ということは、自分自身が充実していた時や夢中になっていたこと、
モチベーションが高まった時のことを思い返してみると
そこに価値観が隠れていることに気づくと思います。

またイライラしたときは、
本当はこうしたいということが出来なかった時におこるので、
イライラした時に本当は何を求めていたのかを考えると
そこに価値観が隠れていることに気づくと思います。

一度探してみてはいかがでしょうか?

そして、価値観はたくさんあります。

さらに状況によって価値観も変わってきますので、そのあたりも踏まえて探ってみてはどうでしょうか?

価値観については、また別の時にふれていきたいと思います